北九州市を中心とした住宅の解体工事なら、北九州の解体相談所へお任せ下さい!

北九州の解体相談所

電話番号:093-941-0831(金山建設工業株式会社)

ブログ

カテゴリー

アーカイブ

|Date:2014年9月25日 | Category:雑記 |

解体する建物と隣の家との間隔が狭い場合、養生足場を設置して解体工事を行います。
もし解体材が隣の敷地に飛来してしまうと、破損させたりすることがあります。

IMG_2071.JPG
IMG_2072.JPG
上の写真は実際に工事を行った北九州市内の解体現場です。
右側の倉庫が左側の解体する建物に接近していて、非常にやりづらい現場でした。
コンクリートの塊が倉庫に落下すると、間違いなく破損する状況でした。
破損を防ぐには、キチンとした養生足場の設置と、重機オペレーターの運転技術が要求されます。
この解体工事は周りに迷惑を掛ける事なく、無事に終わらせることが出来ました。

解体工事は現場ごとに色々な問題があります。
一つ一つ丁寧に解決することで、皆様に喜ばれる結果に変わっていくと思っています。

|Date:2014年9月18日 | Category:雑記 |

解体する建物が必ずしも道路に接しているとは限りません。
重機やダンプが解体する建物に接近できないと、
どうしても割高になってしまいます。


20140918-180513-65113343.jpg

例えばこのような細い道の先に建物がある場合、
① 道幅に合う小型重機を選定する
② キャタピラ型の小型ダンプを選定する
この2つを採用できれば、少なくとも人力解体より安く抑えることが
できます。
お気軽にご相談下さい。

|Date:2014年9月17日 | Category:雑記 |

解体工事は建物を壊すという特殊な工事です。
工事の終わった後は何も残りません。
やったという実感は、建築工事と比べてあまり無いかもしれません。
しかしなんだかスッキリした現場がありました。



20140917-184740-67660194.jpg

建物の基礎がキレイに歩道から離れました。
縁石も一切痛まずに撤去できました。

このページのトップへ