北九州市を中心とした住宅の解体工事なら、北九州の解体相談所へお任せ下さい!

北九州の解体相談所

電話番号:093-941-0831(金山建設工業株式会社)

ブログ

  • 2015年6月
    « 3月   7月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  

カテゴリー

アーカイブ

|Date:2015年6月26日 | Category:雑記 |

長い間空き家となった建物は、近い将来解体をする事になると思います。

①倒壊による近隣への被害が発生する②火災や犯罪の誘発を起こしやすい③雑草やゴミによる衛生上のクレームが出る④固定資産税の優遇措置が適応されなくなるといった理由が考えられます。

この際、解体後に駐車場経営をされてはいかがでしょうか。

駐車場経営には設置から維持管理まで行う自己経営と、委託経営の二種類に分かれます。更に委託経営には、不動産会社に手数料を払って募集や契約の仲介をしてもらう月極駐車場と、駐車場専門会社に一括借り上げ方式で運営してもらうコインパーキングに分かれます。

駐車台数は土地の形状により変わります。周辺の利用状況等を考慮して、最適なレイアウトを提案致します。

お気軽にご相談ください。

IMG_2614.JPG
IMG_2616.JPG
IMG_2615.JPG
 

 

|Date:2015年6月10日 | Category:解体工事 木造/雑記 |

昨年公布された「空家等対策の推進に関する特別措置法」は、今年の2月から施行されました。

その背景には、適切な管理が行われていない空家等が、地域住民の生活環境に影響を及ぼしているためだとしています。現在全国の空家は約820万戸といわれ、各自治体が合わせて空家条例を制定しています。

北九州市では、「老朽空き家等除却促進事業」を行っています。

昭和56年5月以前に建築された家屋で、倒壊や落下のおそれのある場合や重機ダンプが近づけない場合に補助金支給の対象家屋として認定されます。

長年放置していると、火災や犯罪の誘発、雑草やゴミの放置による衛生上の問題など、様々な影響を及ぼしがちです。

弊社では、書類の代理申請もできます。遠方にお住まいで実家が北九州市内に残っている方は、ぜひご相談ください。



|Date:2015年6月4日 | Category:雑記 |

古くて倒れそうな塀は、地震等で倒れてしまうと
隣地まで被害を被ることがあります。
そうなる前に早めの対策を考えておく必要があります。
全部撤去や一部撤去等お客様の要望にお応え致します。

   


 

 

このページのトップへ