北九州市を中心とした住宅の解体工事なら、北九州の解体相談所へお任せ下さい!

北九州の解体相談所

電話番号:093-941-0831(金山建設工業株式会社)

ブログ

  • 2018年1月
    « 12月   2月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  

カテゴリー

アーカイブ

|Date:2018年1月29日 | Category:解体工事 RC造 |

内部の撤去作業は解体した廃材をどう撤去するかを事前に決めておく必要があります。特に階上解体は廃材を地上までどう運ぶかがポイントです。

店舗の内部は、天井や間仕切り壁のボードの撤去が主な解体材になります。下地材が木材の場合は、ボードと木の選別作業も必要になります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
IMG_1613
住居スペースは床材の撤去が一番大変です。畳や襖を撤去後、天井、間仕切り壁、床材を撤去します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
DSCN0440
撤去後、部屋に使われている廃材の量の多さに驚きます。これらを全て撤去しないと建物本体の解体作業ができません。

 

 

|Date:2018年1月22日 | Category:解体工事 RC造 |

中心街のビルは重機の入るスペースがないため、重機をビルの屋上に揚げて工事を行う場合があります。

このビルは7階建ての鉄筋コンクリート造の店舗兼住居ビルです。老朽化に伴い、外壁が剥離して歩道に落下する可能性があるためにネット養生しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA
隣のスペースは別の所有者の土地なので、重機とダンプが入るスペースを作らないといけません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
中型バックホウで解体していきます。

IMG_1630
階上から降ろした廃材を積み込むスペースをつくります。

DSCN0401
IMG_1644
これだけの幅があれば、ダンプは十分に搬入できます。ダンプが通れるように床の廃材を片付ければ完成です。

DSCN0436
 

 

|Date:2018年1月15日 | Category:解体工事 木造 |

工事前と工事後

DSCN0990DSCN1449
DSCN0983 - コピー
DSCN1450
DSCN0992DSCN1453

このページのトップへ