北九州市を中心とした住宅の解体工事なら、北九州の解体相談所へお任せ下さい!

北九州の解体相談所

電話番号:093-941-0831(金山建設工業株式会社)

ブログ

  • 2019年9月
    « 8月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  

カテゴリー

アーカイブ

|Date:2019年9月9日 | Category:ビルの解体/解体工事 RC造 |

建物は1階と2階が店舗、3階と4階が住居となっています。用途によって内装材の使われ方が違ってきます。

↓  1階は市場の様な作り、2階は通常のテナント用となっていました。

IMG_1682 DSCN0723
DSCN0715
↓ 3階・4階

DSCN0732 DSCN0731
↓ 屋上 大きな看板がありました

DSCN0741
1階は小さな重機で解体作業ができますが、上の階は基本人力で解体を行います。

DSCN3409DSCN3296
DSCN3384 DSCN3375
店舗用の内装はリフォームすることが多いため、床や壁の仕上げ材をを二重に貼っている場合があります。

また、壁や梁等のコンクリートの部分を一部替えることもあり、階上解体を行う時は注意が必要です。

DSCN3410
DSCN3272
↓ 1階の一部分は鉄骨で補強していました。開口部と重なるために事前に撤去を行いました。

DSCN3311
↓ 破砕したコンクリートの廃材を片付け、そこに階上で発生した木材などを投げ込みます。

DSCN3372
 

|Date:2019年9月2日 | Category:ビルの解体/解体工事 RC造/解体工事 鉄骨造 |

屋上に揚げた重機はまず塔屋の解体からはじめます。

↓ 屋上には空調設備や配管類にあふれています。まずは重機が動けるスペースを作ることが必要です。

IMG_0410 IMG_0418
↓ 屋上設備撤去状況

IMG_0517 IMG_0416
↓ 屋上設備撤去後

IMG_0859 IMG_0858
今からの工事は重機を屋上から階下へと下がりながら解体を進めていく階上解体という工法で工事を行います。

↓ 塔屋の解体状況

IMG_1016
IMG_1078

このページのトップへ