北九州市を中心とした住宅の解体工事なら、北九州の解体相談所へお任せ下さい!

北九州の解体相談所

電話番号:093-941-0831(金山建設工業株式会社)

ブログ

  • 2024年6月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930

カテゴリー

アーカイブ

古い家屋の解体

|Date:2015年7月13日 | Category:解体工事 木造 |

建物の造りは今と昔でずいぶん変化しています。屋根瓦は粘土瓦(和瓦)が一般的でしたが、セメント瓦や金属瓦、スレート瓦等多彩なものになりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA この建物の解体工事で瓦を撤去すると、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 葺き土(赤土)が載っていました。これは、瓦を取り付ける際に微調整しやすく、断熱効果もあるそうです。昔の家屋によくある屋根の構造です。建物を壊す際、この赤土が飛散して周囲に迷惑を掛けてしまいます。ある程度は人の手で屋根から落とすのですが、どうしても残ってしまいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA そのため、重機で壊す時には高圧洗浄機を使って解体作業を行います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA 再生材を敷いて工事完了です。お客様には喜んでいただけました。

 

このページのトップへ