北九州市を中心とした住宅の解体工事なら、北九州の解体相談所へお任せ下さい!

北九州の解体相談所

電話番号:093-941-0831(金山建設工業株式会社)

ブログ

  • 2019年8月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  

カテゴリー

アーカイブ

|Date:2019年8月19日 | Category:ビルの解体/解体工事 RC造/解体工事 鉄骨造 |

重機の揚重作業は何度経験しても落ち着きません。ワイヤーで何トンもある重機を吊るのですから、見ていていつもハラハラします。

↓ 夜間作業ですが、外灯のおかげで比較的明るい場所での作業でした。

IMG_0988 IMG_0991
↓ 無事に揚重作業が終わりました。一安心です。

IMG_1018
今からの工事は重機を屋上に揚げて屋上から階下へと下がりながら解体を進めていく階上解体という工法で工事を行います。

 

|Date:2019年8月5日 | Category:ビルの解体/解体工事 RC造/解体工事 鉄骨造 |

高さのあるビルの為、廃材は建物内に開口部を設け、そこから階下に搬出します。階上解体で発生したコンクリートガラ等もそこから投げ込みます。

↓ 人が誤って落ちないようにバリケードで囲っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
↓ 地上部分では落下した廃材を集積して搬出するスペースが必要です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 

 

 

|Date:2019年7月29日 | Category:ビルの解体/解体工事 RC造/解体工事 鉄骨造 |

丸源ビルの解体足場の設置は、労働基準監督署に設置届をしないといけません。長期間の設置や高さの制限で決まります。もし台風などの強風で足場が壊れた場合、大変なことになってしまいます。

↓ ネットから拾ってきた写真です。ここまでなれば一旦全て足場を撤去しないといけなくなります。

足場崩壊 足場崩壊②
つなぎの位置を図面で示し、足場設置業者に指示しました。

IMG_0735
IMG_0905
30メートル以上の高さで作業する足場業者の人たちの度胸には恐れ入ります。

IMG_0906

1 2 3 4 48

このページのトップへ