北九州市を中心とした住宅の解体工事なら、北九州の解体相談所へお任せ下さい!

北九州の解体相談所

電話番号:093-941-0831(金山建設工業株式会社)

ブログ

  • 2019年4月
    « 1月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  

カテゴリー

アーカイブ

|Date:2016年3月6日 | Category:改修工事 内部解体 |

解体業者が撤去工事を完了しないと次の内装工事の業者が工事できません。改装工事は建物本体を壊さずに利用するので、内部を解体した後、清掃作業が必要です。また、改装工事は各業者の工程・工期が決められているので、きちんとした計画を立てないといけません。

↓ ほぼ完了の状態です。清掃作業が少し残っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
↓ 工事完了です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

|Date:2016年2月29日 | Category:改修工事 内部解体 |

改装工事は、撤去する場所としない場所があるため、元請の細かな指示に沿って工事しないといけません。当初の計画と実際の造りが違っていると、工事範囲が変更になる場合があります。

余計に撤去しすぎたりすると後の工程に大きく影響します。電気・ガス・水道等が生きている場合もあり、誤って切断すると大変なことになります。全て壊す解体工事と比べて神経を使います。

↓ 内部を解体しました。選別をしながら搬出作業を行います。切ってはいけない配線や配管があり、注意して行いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
↓ ブロック壁を撤去するとこんな状態になります。鉄筋を切る作業も必要です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
↓ 工事前

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
↓ 工事後 タイルはすべてハツリました。扉を付けるために壁も一部撤去しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 

 

|Date:2015年11月26日 | Category:改修工事 内部解体 |

解体工事には建物全体を壊さずに内部または外部の一部をやり返る工事もあります。「改装」と「改修」は混同して使われることがありますが、改装は外観や内装などを新しく変えること、改修は不良・欠損・老朽化した箇所を直すことです。お取引先からビル全体の改装に伴う解体工事の依頼を請けました。

↓ 解体前

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA
間取りをあまり変えずに一部だけ改装をする工事もありますが、全ての内装を改装する工事もあります。いわゆるスケルトン工事は、内部の間仕切り壁や天井材・床材に至るまで全て撤去し、主要構造部分(柱や梁など)だけ残します。このビルは病院として使われていましたが、改装後は様々な用途に使われるようです。

 

このページのトップへ