北九州市を中心とした住宅の解体工事なら、北九州の解体相談所へお任せ下さい!

北九州の解体相談所

電話番号:093-941-0831(金山建設工業株式会社)

ブログ

  • 2016年9月
    « 8月   10月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  

カテゴリー

アーカイブ

|Date:2016年9月27日 | Category:雑記 |

IMG_3298
4トンのコンテナ車がもうすぐ納車です。他の車両と同じオレンジで仕上がっています。廃材の選別を必要とする解体工事には絶対必要です。現場で活躍する姿を早く見てみたいものです。

|Date:2016年9月26日 | Category:雑記 |

工事中に台風が接近すると、まず考えることは仮設足場の台風対策です。仮設足場は強風に弱い面をもっています。メッシュシートは穴が開いていて建築現場でよく見かけますが、解体現場の養生足場は防音シート等の穴の開いてないシートを使います。台風などの強風が接近する場合は、壁つなぎを追加したり、養生シートをたたんで風が抜けるようにします。

↓ こうなると大変です。

台風対策①
↓ 台風に限らず、強風が吹きそうな時は事前の対策が必要です。

台風対策③
また、廃材などが風で飛ばないように対策を講じることも必要です。

 

 

|Date:2016年9月19日 | Category:雑記 |

解体工事は解体までが仕事ですが、その土地がどうなったか気になります。駐車場や住宅等用途は様々ですが、更地のまま何も使われてないままの土地もあります。

解体後しばらく経つと雑草が生えてしまいますが、再生材を敷きならした場所には雑草は生えにくくなります。跡地利用の計画がない土地は定期的な管理が必要です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
土地が新しく活用されていれば嬉しく思いますが、放置され雑草が伸び、荒れ果てた土地になっていたりすると、少しさびしい気持ちになります。

建物を壊すということは決して後ろ向きの事ではありません。放置されている空き家はいずれ近所に迷惑を掛けてしまうほどにまで老朽化してしまします。解体することでその土地が新しく生まれ変わることができます。そうした土地の再利用に少しでもお役に立てればと思っています。

 

 

このページのトップへ